相続回復請求権とは

相続回復請求権というのは、相続権を侵害された本来の相続人が、相続財産の回復を図ることができるという権利のことをいいます。
被相続人が亡くなれば、相続人はその財産を受け継ぐというのが普通ですが、なかには戸籍上は相続権があるように見えながら、実際には権利をもっていない表見相続人とよばれる人が遺産を占有していたり、遺産分割協議から外されてすでに遺産が他の人に渡っていたりといったこともないわけではありません。
表見相続人になる場合としては、他人の子であgf0640065860lるのに誤りや偽装によって被相続人の戸籍に載ってしまった場合もあれば、生前に被相続人を虐待していたなどの理由で被相続人からすでに相続権を剥奪されていたという場合もあります。
いずれにせよ、本当の相続人であるのにもかかわらず、遺産を取得することができていない場合には、この請求権を使って、表見相続人などに財産の返還や所有権移転登記などを求めることができます。
相手がすんなりと応じる可能性というのはほとんどありませんので、基本的には訴訟のなかでこの権利を主張するということが多くなります。
なお、請求権には時効の定めがあり、相続権を侵害されたことを知ったときから5年、または相続開始の時から20年以内に行使しないと消滅してしまいます。

Filed under: 未分類 — ゆめ 3:14 PM