高額な骨董品などの財産的価値が高いものは相続財産に含まれるのか

亡くなった人の中には高額な骨董品や美術品など、財産価値の高いものを所有している場合があります。骨董品や美術品は、いかgf1120209840mなる価値を持つものであっても、亡くなった人が持っているものである以上は相続財産とみなされます。ただし、相続財産のうち、何に分類して計上すれば良いのかは、その財産の価値によって決まります。
骨董品や美術品の評価については鑑定によって定められることになりますが、購入時の価格が数万円もしくは数十万円程度だった場合は、鑑定を受けても高い価格が提示される可能性はほとんどありません。そのため、家具や電化製品、固定電話加入権などと合わせて、家庭用財産として相続税の申告を行うことが多いです。
しかし、購入時の価格が数百万円や数千万円だったものや、億単位で出費をしたような美術品だった場合は、税務署はその品物の所有者の情報や購入価格を調査によって把握しています。そのため、家庭用財産としてではなく、鑑定士に価格を出してもらった上で税務署に申告を行う必要があります。安価な美術品の場合と同じように家庭用財産として一緒に申告をしたり、申告時に算入しなかったら、税務署へ申告書類を提出する際に指摘を受ける可能性が高いので、価値の高い財産が相続財産に含まれる場合は必ず専門家に鑑定を依頼して金額を出してもらうようにしましょう。

Filed under: 未分類 — ゆめ 3:12 PM