遺産相続財産の分配について

遺産相続財産の分配は、被相続人が遺言書にその方法を記しているのであれば、その内容にしたがって相続人に分け与えられます。一方、遺言書に記載が無い場合は、相続人全員による遺産分割協議の中で相続財産の分配方法が議論され、合意に達して協議書に記載すれば、その協議書の内容にしたがって相続人に相続財産が分け与えられます。しかし、遺産分割協議で相続財産の分割方法について議論が行われず、協議書にも特に記載が無い場合は、民法の規定にしたがって法定相続人に分け与えられることになります。
相続財産の分配において、特に難しいのは不動産や自動車、美術品、骨董品などの高価な財産に関する取り扱いです。このような財産については、完全な分割を考えているのであれば、全部換価して各相続人に金銭で分け与える方法や、換価せずにそのままの形で各相続人に分け与える方法が考えられます。しかし、分割方法にはこの他にも、各相続人の持ち分を定めた上で共有財産とする方法や、特定の相続人が財産の全部又は大半を相続するかわりに他の相続人に相続分に見合う金銭や財産を与える方法も考えられます。どのような方法をとるのが最良なのかはケースごとに異なりますが、全ての相続人が納得する形で遺産の分割が行われるよう努めることが重要です。

Filed under: 未分類 — ゆめ 3:13 PM