遺産分割協議の取り消し・解除とは

遺産分割協議が終わって一段落と思ったのも束の間、思わぬ事実が判明したり、約束が違うなどの理由で、分割協議のやり直しを求める相続人が出てきた場合はどうなるのでしょうか。
まずは分割協議の取り消し、つまり法的には協議の前提となる事実にそもそも何か重大な誤りがあって、さかのぼって協議を無効とできるケースです。まず、分割協議には全ての共同相続人が加わっていなければならないので、共同相続人が一人でも欠けている協議は無効とされます。因みに、分割協議の後で認知により相続人が新たに判明した場合は、価額の支払いはしても分割協議自体を取り消すことはありません。
これとは逆に相続人でない人が分割協議に加わっていた場合もあります。これは、法定相続人である人が、相続欠格であることが判明した場合が考えられます。また、大きな割合の遺産があることが新たに判明した場合や、分割協議後に遺言書が発見された場合なども分割協議は無効とされます。
法的契約の債務不履行があった場合は通常はその契約を解除できます。しかし、相続に関しては債務不履行を理由に解除はできないという判例があります。具体的には、親の養育を条件に、分割協議で遺産を多く相続した子供がその約束を果たさなかったことで、兄弟が分割協議の解除を求めたというケースです。

Filed under: 未分類 — ゆめ 3:15 PM